どうも、ネコのぴーちです。
TOPフリーエリア
■フリースペースの説明
 ※このフリースペースは、エントリー記事ページ以外に表示されます。
 ※広告を掲載したりブログの紹介など、ご自由にどうぞ!
 ※不要な場合には、<!--not_permanent_area--> ~ <!--/not_permanent_area-->
  の部分を削除して下さい
  (フリースペースについての詳細は、フリースペースの編集についてをご覧下さい)

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はずかしい 小

最近都内でも雪が降ったんだよね~
寒い毎日、ぼくはおコタが欲しいなぁ・w・

ママがね、ぼくの新しいお友達を探してるの。
どうもクー兄ちゃんに似た感じの、
黒くてぼくと同じ男の子を探しているらしい。
インターネットで探しているらしいけど
どうやらここで信じられないような
悪い人が最近増えているみたいなの・・・。

悪いのは募集している人たちじゃなくてね
貰おうとする側の人の中にいるみたいなの。

里親として猫を貰い受けた後、動物実験に使うとか
始めから虐待目的で貰い受ける人とか・・・。

まったく。
ぼくはママみたいな人に貰われてほんとに幸せだよォ。

動物なんて、ちっぽけだからね。
ほんと、無力だからね。
それをイジメルなんて絶対許せない!って
ママが怒るのも分かるよ。

小さくても命があってね
ちゃ~んと、寒いのだって、痛いのだって
分かるんだから!

人の痛みの分からないヤツなんて最低だ!

とりあえず、ママ。
ぼくにおコタ買ってネ!
ぼく、寒いのキライなのよねぇ・w・
スポンサーサイト
くんくん 小

ぼくはこの手にちょっと弱い・・・。

「小さい子には優しくネ」と、ぼくは今は天国にいる
クー兄ちゃんに教えてもらった。

クー兄ちゃんはとてもきれいな黒猫で、目も金色をしていて
とっても優しい兄ちゃんだった。
ぼくは大好きでいつも追い掛け回していた。

ぼくがクー兄ちゃんにじゃれて噛み付いたときも
優しく(がぶっっと><;)噛み返して
力加減を教えてくれたんだ。

長いしっぽでまだ小さかったぼくと遊んでくれたり。
ご飯の時には、ぼくがスリスリすると先に食べさせてくれたり。
ぼくも大好きなクー兄ちゃんみたいになりたいんだ!

ママが帰ってきたときに、ジャンプして飛びついて
「おかえりぃ
まだちょっとぼくには難しいのが悔しい><;(いつかきっと!

その兄ちゃんがいつも言ってたんだ。

「小さい子には優しくネ」

だからぼくは、このにはさからえないんだ。

でもね、クー兄ちゃん。
この小さなおてては、時々ぼく・・・困っちゃうんだ@p@
かわいいんだけどね、ぼくが気持ちよく寝てると
こうして鼻の先っぽをこちょこちょしてくるんだ><;
つい、気になってくんくんしちゃうよね。
でもね、でもね・・・

まるまる 小

もぉ、寝かせてぇ><;




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。